TOYAギター (趣味のオーダーメイドギター)

中国のギター工場と提携し、オーダーメイドギターを企画制作&販売を行っています。 他では手に入らない良い物を安く。 自分だけのオリジナルを皆さんにもお届けします。 お届けするギターは全て私がセッティング、超低弦高で弾き易い!がウリモノです。

2013年06月

オーダーメイド依頼品
 
ピンクカスタム24。最初にオーナーさんからの依頼では福山雅治が使っている様なタイプで。の申し出がありました。私はそのギターがどんな物か分からず、いろいろググって探したところ・・・スゴイギターを使っていました。察するに7Aクラスの虎目です。さすがにそんな高級材は入手できませんので、可能な範囲でそれ風に仕上げる事に。
フラッシュの関係で写真は艶やかなピンクに写っていますが、実際はもう少し落ち着きのあるピンクです。
イメージ 1

これも掲載が漏れていたギターです。改めてご紹介しておきます。
 
LED発光のミュージックマンスタイルギターです。ヘッドに”TOYA Music”と入っていますが、この呼び名が正式なものだったりします(^^;)
LEDはしつこく無く、暗点の中でも演奏可能なようにさりげなく。
このモデルは継続していきますので、ちょっとだけ仕様を変えて追加オーダーしています。数か月後にまた!!
予価¥38800(調整済価格) 時事変動します。
イメージ 1
イメージ 2
 
○先週から5台のセットアップを完了しました。
オーナーさん、発送準備は出来ていますよー(^^)

既製モデル仕様変更オーダー品
 
レスポールの定番、アルピナホワイト。これに以前お話したエピフォン純正の57CHを搭載したモデルです。
ケースjは以前に私が取り置いてあったシルバーホワイトケース。似合うんですよね、このギターに(^^)
イメージ 1

中国製ギターの精度は格段と向上しています。最新技術を持った工場から、昔ながらの悪い意味での中国レベルの物までいろいろですが、最新技術を持った工場製であればセットアップ調整を行う事で国内メーカーの5万以上のクラスと同等か、それ以上のレベルまで引き上げる事が可能です。 演奏のし易さが格段と向上します。
○ナット ○フレット(ネック) ○ブリッジ この3つのバランスがとれて初めて高級ギター並に仕上がります。 
セットアップ調整の内容をご紹介しておきますね。
 
①ロッド調整
調整の基本です。これが合っていないと以降の作業、弦高調整に多大の影響を与えてしまいます。
メイプルネック・マホガニーネック、材質により癖も異なりますし個体によっても変わってきます。それぞれに合った状態でセットします。
イメージ 5
私の調整は「極極少々の順反り」でセットします。 時折、目で見て分かるくらいに合わせる人が居ますがこれは間違い、目で見ても分かりません。コツがあるのですよ・・・
ロッド調整が出来ていないと以降の作業が全て狂ってしまいます、自信のない人はここまでで作業は止めて、真似はしないでください。1本ギターをダメにしてしまいます。
 
 
②ナット調整
演奏フィーリングに関わる大切な所です。 セットアップでどれだけ変えてるの?と聞かれる事がありますので。未調整の2弦と比べてみました。1Fの高さでこのくらいです。
固定のブリッジでナットの固さに余裕のある物は0.5ミリ~を目安としています。フロイドなどでは0.7ミリくらいを。
 
このナットの固さってのがミソなんですが、微妙に違うのですよ(汗) 最初にザクッ!とヤスリを入れた瞬間に固さが分かります。それによって将来的な減りも考えて0.2ミリくらい変えてまいす。
イメージ 2
↑完成するとこんな感じです。
ナットの仕上げに私独自の加工を施していますので、F→E→F→Eのコードが力を入れずに最小限の力でコード進行が大変スムースになります。又、Cコード時などで手の平の肉厚が1弦に触れにくくなっています。これが私の駒調整の売りです♪
ハンマリングやカッティング演奏がビシバシ決まりますのでカッチョえぇ演奏してくださいまし。
 
 
③フレット摺合せ ・ 光沢加工 
この作業がギターの生命を左右してしまう極めて重要な作業。
それぞれの個体精度にもよりますが、精度の高い個体でこれを行うと12Fで1弦を1ミリまで下げても音詰まりする事無く 演奏可能です。
通常は1・8ミリ~フロイドで2・2ミリ~に合わせてお渡しします。この摺合せがちゃんとできていて初めて皆さんの好みの高さに合わせる事ができます。
慣れない人がやると必要以上に削ってしまい、無駄なフレット減りを起こしてしまいます。これだけは技術がかなり必要です。  「セットアップ」のはずが「セット悪ップ」になってしまわない様に、初心者禁断の作業です。
イメージ 1
よくオークションで「未調整です、あとは各自で弦高やオクターブを調整ください」などと書いて出品している人が居ますが、それはとんでもない話。ナット調整とフレット摺合せを行わずしてどんなに頑張っても弦高など下がるはずは無いのです。 
 
 
④ブリッジ調整  ⑤オクターブ調整 
ここでは弦高の最終合わせとオクターブ調整を行います。
ナット調整とフレット摺合せさえ出来ていれば、この部位は誰もが行っても大丈夫です。
逆に、ナット調整とフレット摺合せが出来て無ければ、どんなに頑張っても弦高を調整する事は出来ません。
工場出荷の状態では高い状態で出荷されますので前記①②③の工程はとても重要です。
他に、ブリッジ駒共振ビビり防止処理も行っています。
イメージ 4
皆さんからオークションで落札したけど手におえない、調整してちょ!と送られたギターでこんなのが有ります。
ブリッジから共振ビビりの発生する物があります。これは私の方で改造を加えて解消させておきます。
それと、得体の知れない工場製レスポールのブリッジで、1~3弦。4~6弦の高さの合わない物があります。これも私の方で駒調整をして高さを揃えておきます。
 
【ブリッジR、楽器店の調整と私の調整の違い】 
楽器店ではセオリー通りに「フレットのRに沿わせた弦高」に合わせます。
しかし私の調整はリード演奏のし易さ優先で「1~4弦はビビらない範囲での低さ」に合わせます。
16分音符の連続するリードソロでは”弦を押さえる”感覚から”弦に触るだけ”の感覚で演奏が出来ます。弦高の高いギターでの演奏はよく聞くと音切れが発生しますが、この調整だとほとんど音切れ無く演奏が可能。
5・6弦はエレキの場合、若干ビビるくらいが丁度いい。の奏者優先のセッティングです。
 
参考資料 
標準値:1弦(12F) 1・5ミリ~1・8ミリが標準と言われる弦高です。未調整で1・5ミリまで下がれば上出来きですが、通常中国製のギターで未調1・5ミリまで下げられる個体はほとんど無いのが残念。(OEM生産品を除く)
リードソロ向け 0・8ミリ~1・2ミリ(1ミリ前後)が弾き易いが、これをやるにはナット&フレットの調整が必要。
リードスペシャルチューン:0・6ミリ~0・9ミリ 土台の良さ・ロッド調・ナット調・フレット調の全てが合致が必要。
 
弦高の低いギターは弾き易いです。ブリッジを下げればいいじゃん、と言う考えは浅はか・・・
ブリッジを下げる為には ロッド調・ナット調・フレット調が重要な鍵になってきます。
 
各グレード別の12F弦高を下げられる可能範囲
普通の未調整レプリカギター、1・5~1・8ミリが限界(時として2ミリ以下にならない物もある)
調整されたレプリカギター、1・0~1・2ミリくらいまで可
オーダーギター、0・8~1・0ミリくらいまで可
OEM生産ライン品、0・5ミリくらいまで可
精度は、中国レプリカ < オーダーメイド <<OEM生産品 かなり差があります。
 
⑥オマケ作業 
 プレートタイプのピックアップはオマケで鏡面処理を行っておきます。
保護シールを剥しても糊がべったり残ってしまい、なかなか取れません。工業用洗浄液を使って仕上げます。
イメージ 3
 
まとめ
レプリカギターの注意点は「調整」だけではどうにもならない所、「加工」が伴います。楽器店で断られるか膨大な見積もりが出るのはこうした理由です。
一方、同じ中国製でもOEM生産品はメーカー精度で作られていますので「調整」で済みます。
 
安い買い物のつもりが思わぬ出費を招く事も・・・無茶をせず、私にお任せください。
作業料(送料別)
当方から購入頂いた方、固定&トレモロブリッジ¥4000 フロイド¥5000
他所から購入のギター、固定&トレモロブリッジ¥10000 フロイド¥12000
(これでも市価の半値かと)

オーダーメイド依頼品
 
鮮烈なピンクカラーに3Aタイガー。ネックも3Aタイガーメイプルを採用してゴージャスな一品。
このシリーズ統一した黒檀指板にアバロンバード・ゴールドインレイ、ヘッドはこれもお約束のミラーバードです。
背面は淡いピンクに色合わせしています。
とにかく見ていて眩しい!!
イメージ 1
 
よく皆さんにミラーバードって何?と聞かれるのですが、これがミラーバードです。
主に派手系のギターに使用されます。
これと同じくシックな色調の物には反射の無いメタルバードが使用されます。
 

なにやら怪しげなギターが6台・・・
木目からしてアッシュ材とメイプルスルーネックのようだ
イメージ 1
 
色はシースルーグリーン?
イメージ 2
 
おお!これはペグの数を付け間違え? これが世間を騒がしている”仕様違い”って奴か!?
イメージ 3
 
スルーネックが良くわかる
イメージ 4
 
出荷が近いらしい・・・
イメージ 5
計画は2012夏スタート、構想から1年のモデルである・・・

オーダーメイド依頼品
 
実機に近づけたデザインで作成しました、ブルータイガー黒檀指板。
発送したいのですが。オーナーのHさん、メールしても連絡がとれません。こう言う時に限って電話番号をメモり忘れてる(><) 引っ越してませんよね?連絡ください。
イメージ 1

↑このページのトップヘ