TOYAギター (趣味のオーダーメイドギター)

中国のギター工場と提携し、オーダーメイドギターを企画制作&販売を行っています。 他では手に入らない良い物を安く。 自分だけのオリジナルを皆さんにもお届けします。 お届けするギターは全て私がセッティング、超低弦高で弾き易い!がウリモノです。

Category: Aldenオールデンギター

Aldenアバロンクリーム、最終版になります。
前回に引き続き、時同じくして受注がありました、ありがとうございます。

全面にアバロン貝を敷き詰めた豪華な作りになっています。各オーナーさん方、これからお好きなパーツに載せ替えて好みに変えて行かれる事と思います。
またオーナーレポートをお待ちしています、宜しくです。

イメージ 1

このモデルを持ちましてアバロンシリーズはひとまず終了とさせて頂きます。
円相場の激変と中国国内の賃金情勢と、他いろいろな情勢から取り扱いは困難になってしまいました。

オールデンではアルミパネルモデルが私の手元に3台ほどストックがあります。(2015・10月現在)
ご希望の方はお知らせください。

オーナーさん決定!! 2台同時購入、ありがとうございます。
イエローアバロンモデルと、希少なブラウンフラワーです。どちらも本アバロンを埋め込んだ大変手の込んだギターです。

特にこのブラウンモデル、希少中の希少でしてなかなか手に入らないんです。多分日本国内に数本しか入っていないのではないでしょうか?
どちらもセットアップを施させて頂きました、ギターの個性に合わせてセッテングは微妙に違います。

オーナーさん、気に入って頂けたでしょうか?演奏スタイルで使い分けてやってください。
イメージ 1

今回、セットで養生テープを剥がす時、ちょっとミスしちゃいました。オーナーさんごめんなさいm(_ _)m
アバロンのアップです。
イメージ 2

オーナーさんへ、弾きこんだら、オーナーレポートをお待ちしております(^^)

オーナーさん、お待たせしています、セット着々と進行中。
この写真は3弦までの高さを80%まで調整中の写真です。続いて4弦~6弦へと続きます。
この段階では80%までとして摺合せとブリッジ調整を行った後に残りの20%を合わせます。
 
よく私が1弦1Fの弦高0.××ミリって言ってますが、その高さを狙っている訳ではありません。個々のギター、固体によって変えています。
”指の腹”が何より正確なゲージでして^^; フィーリングを一番大切にしています。その結果が0.××ミリだったと言う訳です。
イメージ 1
それにしても樹脂入りナット・・・・硬っ
熱を持ったヤスリを冷ましながらの作業。時間かかる(><)
 
 
どや!ナットの仕上がりとフレットの光沢さ!!
F→Eコードで引っかかりは出ませんぞ!
イメージ 2
わかんねーか(^^;)
 
こちらが全景
イメージ 3

オールデンの珍しいモデルが入手できました。
アバロン貝スペードポジマークモデルです。【通常は白蝶貝ダイヤ型】
このダーク色のモデルはスポットを浴びると光をよく反射します。綺麗です♪
イメージ 1
 
ホワイトクリームも同時入荷
イメージ 2
 
ダーク、嫁入り前のセット完了です。オーナーさんへはもう到着してるでしょうか?
イメージ 3

オールデン・ゼマアバロンモデル、黒檀指板ヴァージョンです。
めちゃ綺麗。皆さんから好評だったゼマスタイルモデル、やっと到着しました。
黒檀指板の上位グレード版です。
イメージ 1
FK工業さん、
ギター到着しました、メールしましたのでご確認ください。

オールデンギター
 
入荷が遅れちゃってますので、その間こちらのギターをご紹介します。トップ面にアバロン装飾を用いた美しいモデルです。
オールデンフラワー ¥49800
イメージ 1
 
アルミトップ・ニューフロートタイプ
トップのアルミ板ですが、ボディーとは1ミリほどの隙間で浮かせてあります。
金属的な明るい音色が特徴。¥45800
イメージ 2
 
このオールデンですが、ライセンス部品の入手が難しく、入荷の都度使われているパーツが異なります。ライセンス品が有るか無いか、どれだけ使用されているかによって全て価格は異なります。
又、同一モデルでローズ指板モデルと黒檀モデルの2種があります。

ちょっと珍しいギターを紹介します。 オールデン Alden Blues Line Classic zemaType 
こちらは実機になります。
ゼマのコピーモデルを生産しているメーカーと聞いています。詳細までは分からないのですが。
この2台、左がクラシカルタイプ、右がニュータイプ。同じモデルでも全くの別物です。
 
クラシカルは中身がギッシリ詰まった4.7Kと重量級。(ローズウッド指板)
ニュータイプは軽くて3.7K。 実に1kも重量が違います。(黒檀指板)
 
トップパネルの工法に特徴がありまして、
クラシカルはボデイーにピタリと貼り付けてあります。
ニュータイプはボディーから1mmほど浮かせたフローティング構造になっています。
 
まだ分解してないので内部構造までは分かりませんが、もしかしたらニュータイプはボデイー自体がホローになっているのではと想像します・・・・
気が向いたら、分解してみます・・・が!? いつになるやら(^^;)
イメージ 1
こちらがパネル取り付けの違い。
イメージ 2
純正ぱーつ組み込みはなかなか手に入らないので・・・売りましぇーん^^;

↑このページのトップヘ